岡山大学 附属図書館

UNIV. TOP
LANGUAGE
ENGLISH
MENU

人物情報、統計・白書の探し方

1. 人物情報を探す

1.1. データベースを利用する

JapanKnowledge Lib
【学内者限定】
日本最大規模の人名辞典である「日本人名大辞典」や、日本人の伝記に関する文献を収録した「日本人物文献目録」、歴史上の人物から架空の人物までを収録した「日本架空伝承人名事典」等が利用できます。
聞蔵IIビジュアル
【学内者限定】
各界の有識者を中心に幅広く収録した「人物データベース」が利用できます。ログイン後、画面上部の「人物」タブを選択してからご利用ください。
ヨミダス歴史館
【学内者限定】
約2,6000人の人物データを収録した「現代人名録」が利用できます。ログイン後、画面上部の「現代人名録」タブを選択してからご利用ください。ログイン後、画面上部の「人物」タブを選択してからご利用ください。
Researchmap
国内の大学や公的研究機関等に所属する研究者情報を提供している、国内最大級の研究者情報データベースです。
KAKEN
文部科学省および日本学術振興会が交付する科学研究費助成事業により行われた研究の当初採択時のデータ(採択課題)、研究成果の概要(研究実施状況報告書、研究実績報告書、研究成果報告書概要)、研究成果報告書および自己評価報告書を収録したデータベースです。研究者単位で、所属・研究分野・研究課題・研究成果等の情報を検索できます。

1.2. 館内資料(冊子体)を利用する

地域や年代、分野等ごとに様々な人名事典類があります。「人物」、「人名」や「事典」、「辞典」といったキーワードを使って、岡山大学蔵書検索(OPAC)で探してみましょう。人物情報を調べるための資料は、中央図書館西館1階の参考図書コーナーにも置いてあります。

(例)岡山大学蔵書検索(OPAC)での検索結果を表示します。

例示しているものは代表的な人名事典の一部です。自分に必要な情報を検索して利用してください。探している人物がどの人名事典類に掲載されているかを調べる「人物レファレンス事典」もあります。
個人の生涯や業績をまとめた伝記等が見つかる場合がありますので、個人名でも検索してみましょう。

2. 統計・白書を探す

2.1. インターネットサイトを利用する

統計を探す

政府統計の総合窓口(e-Stat)
日本の政府統計関係情報が閲覧できるポータルサイトです。各府省等が公表する統計データを閲覧・ダウンロードすることができます。
総務省統計局
統計局が実施している国勢調査、人口推計等の統計データのほか、各府省や国内外の機関等が実施した統計を編集してまとめた「日本統計年鑑」「日本の統計」「世界の統計」等のデータの閲覧・ダウンロードが可能です。

白書を探す

白書、年次報告書等 電子政府の総合窓口(e-Gov)
各府省の白書、年次報告などの報告書情報へのリンク集です。

その他、インターネット上で多くの統計・白書が公開されています。検索エンジンで、「統計」「白書」に、探したい統計・白書に関するキーワードを加えて検索してみましょう。
統計・白書の詳しい調べ方については、以下のサイトも参考にしてみてください。

2.2. 館内資料(冊子体)を利用する

必要な統計がどの統計資料に掲載されているか分からない場合は、以下のような資料から調べることができます。

(例)岡山大学蔵書検索(OPAC)での検索結果を表示します。

インターネットで公開されていない統計は、岡山大学蔵書検索(OPAC)で探してみましょう。