学習サポート

ホーム > 学習サポート > 所蔵館の探し方

所蔵館の探し方

ここでは図書がどこに所蔵されているか調べる方法を紹介します。
ほしい図書や雑誌が決まっていない場合は、図書・雑誌の調べ方雑誌論文の探し方をご覧ください。


所蔵館探しチャート

(1)学内の図書・雑誌を調べる
 図書館の目録を「蔵書目録」といいます。蔵書目録には、タイトル、著者名、出版に関する情報、体裁など資料そのものに関する情報(書誌情報)と、その資料がどこにあるかという情報(所在情報)の2つがセットになって記されています。

岡山大学OPAC
 学内の図書や雑誌を探すときに使う基本的なツールです。

②カード目録とOLD OPAC
 学内の古い図書の一部はカード目録で探す必要があります。現在、オンラインでカード目録が引けるように、実験的にシステムを設置しています(OLD OPAC)。カード目録の一部の資料のみが収録されています。

③冊子体目録
 岡山大学附属図書館には、近世から近代を中心とした地域に関連する文書史料、和書、漢籍等のさまざまなコレクションがあります。このようなコレクションの内容が一覧できる冊子体目録が刊行されています。
 岡山大学には、池田家文庫総目録、池田家文庫マイクロ版史料目録、大原農書文庫・古医書集成目録 等があります。

岡山大学蔵書目録(OPAC)の使い方

基本的な使い方とともに、所蔵の確認できた資料を見つけるまでを説明します。

(1)キーワードの入力
  資料を探すための手がかりとなるキーワードを選びましょう。図書と雑誌を探すときのキーワードの入力法を見てみましょう。

≪探したい資料の例≫
 〇図書 出版のためのテキスト実践技法
 〇雑誌 Journal of Inorganic Chemistry

 ・書名・誌名・著者名を先頭からすべて入力
  ≪キーワード入力例≫
   出版のためのテキスト実践技法
   Journal of Inorganic Chemistry

 ・特徴をあらわす単語をスペースで区切って入力
  キーワードをスペースで区切って入力すると、キーワード間の論理積演算(AND検索)が行われます。
   ≪キーワード入力例≫
    出版 テキスト 実践 技法
    Journal Inorganic Chemistry

 ・一致検索
  「"」で囲むと、キーワードの単語列で検索を行います。
   ≪キーワード入力例≫
    "出版のための"
    "Journal of Inorganic"

 ・前方一致検索・後方一致検索
  前方一致検索:キーワードの前に「/」記号をつけることによって、キーワードから始まる文字列を検索することができます。
  後方一致検索:キーワードの後ろに「/」記号をつけることによって、キーワードで終わる文字列を検索することができます。
   ≪キーワード入力例≫
    /出版のための → 「出版のための」ではじまる書名
    /Journal of Inor → 「/Journal of Inor」ではじまる書名
    実践技法/ → 「実践技法」で終わる書名
    Chemistry/ → 「Chemistry」で終わる書名

(2)見つけた資料を利用する
 ◎図書を探す
図書は、特定の分類法により主題ごとに分類され、番号や記号が付与されています。図書はこの番号を用いた請求記号の潤に書架に並んでいます。請求記号は背表紙に貼られたラベルに印字されています。図書を探すときにはこの請求記号をメモして行きましょう。
OPACで請求記号が302.5/Aと表示された図書には、請求記号のようなラベルが貼ってあります。

 ◎雑誌を探す
雑誌は誌名(タイトル)が変わることがあることを覚えておいてください。タイトルが変わっている場合、探し出した誌名になる前の誌名を「継続前雑誌」、後続の誌名を「継続後誌名」として表示しています。
所蔵情報の所蔵巻号の欄に「+」マークがついていないものは、現在購読を中止しています。欠号にも気をつけてください。

  ・所蔵巻号の見方
雑誌所蔵には、岡山大学の図書館や学部・研究室に所蔵している巻号を表示します。所蔵館号は、継続巻号の範囲を「 - 」で表し、不継続巻号を「 , 」で表します。
「+」が付いていないものは現在購読を中止しています。

  例:所蔵巻号が 1-3,5+ と表示されている場合
    1,2,3,5巻は所蔵していますが、4巻は所蔵していません。現在購読中で5巻以降も購入する予定です。

 ・所蔵年の見方
所蔵している最も古い号の年表示と最も新しい年表示を「-」でつないで表します。雑誌所蔵年で示す範囲の全ての巻号を所蔵しているわけではありませんのでご注意ください。

岡山大学にない場合

探している図書や雑誌が岡山大学にない場合、近隣の大学図書館や公共図書館を利用できます。
近くの図書館にも所蔵されていない場合は、他大学の図書館などから取り寄せることもできます。(有料)

○近くの図書館にあるか探す
 ●岡山県図書館横断検索システム
岡山県内の公共図書館や大学図書館等が公開している蔵書検索システムを横断的に検索し、所蔵状況を一度に確認できるシステムです。

 ●岡山県相互協力協定参加図書館
岡山県内の大学図書館では、相互協力協定を結んでいます。相互協力協定の加盟館の学生は、相互に簡単な手続きでそれぞれの図書館を利用することができます。利用案内をよく読んで、マナーを守って利用してください。

※この他の図書館へ訪問する場合は、必ず利用希望日の1週間以上前に所属図書館へご相談ください。図書館への入館に図書館発行の紹介状が必要な場合があります。紹介状発行には時間がかかりますので、できるだけ早めにご相談ください。

○学外から取り寄せる
岡山大学や近くの図書館に欲しい図書がない場合、他大学等の図書館から有料で借りることができます(相互貸借)。
雑誌は借りることができませんので、個々の論文や記事の複写を依頼して下さい。

【学外への相互貸借の申込み】
 申込方法:「相互貸借申込書」を記入しカウンターへ提出
      またはマイライブラリから申込(要事前申請)
 申込対象:岡山大学の教職員・学生
 支払方法:受取時に往復の送料(現金)を支払う。
      (校費支払いの場合は、指導教員の許可が必要)
 所要日数:4~10日程度(遅延することがあります)
 受取方法:カウンターで受取り、必ずカウンターへ返却
 借用期間:平均10~14日間(借用先図書館の条件による)

【学外への文献複写申込み】
 申込方法:「文献複写申込書」を記入しカウンターへ提出
      またはマイライブラリから申込(要事前申請)
 申込対象:岡山大学の教職員・学生
 支払方法:受取時に現金で支払う(校費支払いの場合は、指導教員の許可が必要)
 所要日数:4~10日程度(遅延することがあります)
 料  金:複写料金(1枚につき30~60円)+郵送料(所蔵図書館の条件による)

【申請上の注意点(重要)】
●申請後の取り消しはできません。
●借用先の指定や、資料の状態によっては、館内での閲覧のみとなることがあります。
●簡単に書店で入手可能なもの、戦前の酸性紙の資料、出版年が1900年以前の図書、和装本等は、借受できない
 場合があります。複写可能な場合は、文献複写やマイクロ印刷で対応することもあります。
●学生が校費で申請する場合は、指導教員の許可が必要となります。
 指導教員名と本人名等を記入してください。
●文献複写は著作権法の範囲内でのみ受付しております。

著作権について

図書館で資料を複写する場合、次の範囲内なら著作権者の許諾なしで複写することができます。
これを超える場合には、著作権者の許諾が必要です。

・図書館の資料を
・調査研究の目的で
・著作物の一部分*を
・一人につき一部複写する

*著作物の一部分
 図書:全体の半分以下
 図書(論文集):論文集に収められている個々の論文の半分以下
 雑誌論文:発行後相当期間が経過した(おおむね次号発行後の)雑誌に掲載された個々の論文・記事の全体
      最新号に掲載されている場合は、個々の論文・記事の半分以下