学習サポート

ホーム > 学習サポート > 雑誌論文の探し方

雑誌論文の探し方

1)雑誌論文を探すためのリソース

〇索引誌・抄録誌と二次文献データベース
 ・索引誌
  学術雑誌に掲載された論文を探すためのリソースとして、論文の論題、著者名や論文が掲載されている雑誌名・
  巻号・発行年などを書き出して、一覧や検索ができるようにしたもの。

 ・抄録誌
  「索引誌」の中でも、特に論文の記事内容を記した抄録(アブストラクト)を付したもの。

 ・二次文献データベース
  索引誌や抄録誌をデータベース化したもの。インターネットを介して雑誌論文や記事を検索できる。

2)雑誌論文をさがしてみよう

岡山大学で利用できる二次文献データベースを使って、学術雑誌論文を探してみましょう。

〇データベースを選択する
 探している文献がどんなテーマ、分野、言語、何年頃の文献であるかを整理した上で、適切な二次文献データベースを選択しなければなりません。

1)全分野を対象にしたデータベース

 ・CiNii Articles(全分野・国内文献・日本語)
  学外からのアクセス可。学内からアクセスすると有償の本文データの一部が閲覧できます。

 ・Web Of Science(全分野/海外/外国語)
  自然科学、社会科学、人文学分野の国際誌を収録。学内から利用して下さい。

2)主題分野別に関連文献を対象にしたデータベース
   電子ジャーナル/データベース(学内限定)

3)見つけた論文を入手する

ツールを使って雑誌論文が見つかったら、次にその論文を入手しなければなりません。
まず最初に、求める論文が掲載されている雑誌が岡山大学で利用できるかどうかを調べましょう。
 →図書・雑誌の探し方
岡山大学で契約している電子ジャーナルも調べても岡山大学で利用できない場合は、学外文献複写サービスによって文献複写の依頼をします。

電子ジャーナルリストから探す

岡山大学では、e-Journal A to Z in Okayama University というツールを導入しています。
電子ジャーナル/データベース(学内限定)

(1)電子ジャーナルを雑誌タイトルから探す
誌名またはISSN(ハイフンを除く)を入力してください。

(2)電子ジャーナルを主題リスト(分野)から探す
分野名のプルダウンメニューから主題を選択します。

〇電子ジャーナルの公正利用について
岡山大学(附属図書館)は、学内ネットワークから電子媒体資料(電子ジャーナルやデータベース)を利用する契約をする際、それらを提供する各出版社あるいは学協会等が定める電子媒体の利用許諾条件に同意しております。
それらの同意事項に違反した場合、岡山大学が利用制限を受けたり、法的な罰則を適用されたりします。利用許諾条件を遵守していただきますようお願いします。

リンクリゾルバ経由で入手する

リンクリゾルバは二次文献データベースを利用した論文の検索結果から、電子ジャーナル論文全文や学内の所蔵状況確認、他大学への文献複写の依頼画面へと自在にナビゲートするシステムです。
リゾルバアイコン
データベースを検索していて、このようなアイコンが表示される場合はクリックしてみてください。岡山大学が契約している場合は、電子ジャーナル本文が表示されます。

4)欲しい論文が岡山大学にない場合

岡山大学に所蔵がない場合は、他大学の図書館などから論文の複写を取り寄せることができます。(有料)
詳しくは所蔵館の探し方 4)岡山大学にない場合をご覧ください。