貴重資料

ホーム > 貴重資料 > 利用案内・手続

藩政資料
地方資料
医学系特殊コレクション(鹿田分館)
農学系特殊コレクション(植物研分館)
個人文庫
その他の貴重資料
大型コレクション
貴重資料を活用した教育普及活動
利用について

利用案内・手続

このページは、池田家文庫をはじめとした中央図書館所蔵の貴重資料に関する利用案内です。
各分館所蔵資料についてはぞれぞれ以下をご覧ください。

利用可能なサービス

教育、学術または文化に資することを目的とする場合に限り、以下のサービスをご利用いただけます。
以下の手続きにより入手した複製物等を第三者に再配布することは固く禁じます

  1. マイクロフィルム等の閲覧・複写
  2. デジタルデータの閲覧
  3. デジタルデータの提供
  4. 現物の閲覧・自己撮影
  5. 出版物・発表資料・Webサイト等への掲載、放送番組での使用など
  6. 現物の貸付(博物館での展示)

(参考)岡山大学附属図書館貴重資料利用要項

お答えできないこと

  • 資料の判読・解読・注釈・翻訳
  • 資料の鑑定および市場価格の調査
  • 調査・研究の代行(ある事項「事柄/事件/人物」についての調査および関連する資料の所蔵調査)
  • 網羅的な文献目録の作成
  • 研究者の紹介・仲介

利用可能なデータベース

利用手続

1. マイクロフィルム等の閲覧・複写

受付平日9:00~17:00(休館日を除く)
料金(閲覧) 無料
(複写) 岡山大学附属図書館文献複写要項 別表のとおり
手続
  1. マイクロリーダの予約とマイクロフィルム等の確認のため、事前に下記問い合わせ先に閲覧希望日時と対象資料をお知らせください。
  2. ご来館のうえ、参考調査カウンターへ「貴重資料マイクロフィルム等閲覧・複写願」(様式1)をご提出ください。
  3. 当館内のマイクロリーダで、ご希望のマイクロフィルム等を閲覧・複写していだきます。
  4. 複写された場合、岡山大学附属図書館文献複写要項別表に記載の料金を現金でお支払いいただきます。
備考
  • 池田家文庫のマイクロフィルムは池田家文庫マイクロフィルム目録データベースシステムで検索できます。閲覧希望資料のリール番号、コマ番号、標題(資料名)を控えておくと、お申込みの際に便利です。
  • 池田家文庫のマイクロフィルムは「池田家文庫藩政資料マイクロ版集成」(丸善)として市販されており、国立国会図書館などでも所蔵しています。
  • 遠方にお住まいの方は、お近くの図書館経由で複写物をお取り寄せになれます。詳細は最寄りの図書館様へお問い合わせください。

2. デジタルデータの閲覧

受付平日9:00~17:00(休館日を除く)
料金無料
手続
  1. 閲覧用パソコンの予約とデジタルデータの確認のため、事前に下記問い合わせ先に閲覧希望日時と対象資料をお知らせください。
  2. ご来館のうえ、参考調査カウンターへ「貴重資料デジタルデータ閲覧願」(様式2)をご提出ください。
  3. 当館内のパソコンで、ご希望のデジタルデータを閲覧していただきます。
備考

3. デジタルデータの提供

受付平日9:00~17:00(休館日を除く)
料金記録媒体の往復送料
(※委託撮影の場合は撮影・提供に係るすべての費用)
手続
  1. ご来館または郵送またはメール添付により、下記問い合わせ先に「貴重資料デジタルデータ提供申請書」(様式3-1)をご提出ください。
  2. 許可となった場合、「貴重資料デジタルデータ提供許可書」(様式3-2)とともに、デジタルデータ貸出用の記録媒体を発送(着払い)します。(※許可までに申請後1週間以上を要する場合があります。
  3. 受領後1ヶ月以内に貸出を受けた記録媒体をご返却ください。
備考
  • 所蔵するデジタルデータは池田家文庫絵図公開データベースシステムで検索できます。提供希望資料の資料番号と標題(資料名)を控えておくと、お申込みの際に便利です。
  • デジタルデータ提供に係る記録媒体の貸出は、ご来館による受け取りか、着払いでの送付(送料は申請者が負担)となります。
  • 提供希望のデジタルデータを所蔵していない場合は、当方指定業者による現物からの委託撮影となります。撮影したデジタルデータの複製を収めた記録媒体を当方にご寄贈いただきます。また、撮影・提供に係る費用はすべて申請者にご負担いただきます。(現物の状態により撮影できない場合があります)
  • 出版物への掲載等を前提としたご申請の場合は、次々項「5. 出版物への掲載等」の手続きに含めることができます。

4. 現物の閲覧・自己撮影

受付平日9:00~17:00(休館日を除く)
料金無料
手続
  1. 閲覧室の予約と現物の状態確認のため、閲覧希望日の1週間前までに下記問い合わせ先に閲覧希望日時および対象資料をお知らせください。
  2. ご来館のうえ、参考調査カウンターへ「貴重資料現物閲覧・自己撮影願」(様式4)をご提出ください。
備考
  • マイクロフィルム等またはデジタルデータが存在しない資料に限ります。
  • 閲覧による破損等が懸念される資料については、閲覧をお断りする場合があります。
  • 資料の取扱いには一定の知識と配慮が必要です。万一破損・汚損等が発生した場合、原状回復に要する費用は利用者にご負担いただきます。
  • 鉛筆以外の筆記用具はご使用いただけません。
  • コピー機による複写はできません。
  • 自己撮影をご希望の方は、デジタルカメラ(フラッシュ撮影厳禁)をご持参ください。

5. 出版物・発表資料・Webサイト等への掲載、放送番組での使用など

受付平日9:00~17:00(休館日を除く)
料金(営利出版物) 岡山大学附属図書館貴重資料利用要項 第15条のとおり
(その他) 無料
手続
  1. ご来館または郵送またはメール添付により、下記問い合わせ先に「貴重資料掲載申請書(様式5-1)」をご提出ください。
  2. 許可となった場合、「貴重資料掲載許可書」(様式5-2)を送付します。あわせてデジタルデータの提供が許可となった場合は、デジタルデータ貸出用の記録媒体を同封をして発送(着払い)します。(※許可までに申請後1週間以上を要する場合があります。
  3. 許可を受けた出版物等を当方へご寄贈いただきます。
  4. 2においてデジタルデータ提供に係る記録媒体の貸出を受けた場合、受領後1ヶ月以内に下記問い合わせ先に記録媒体をご返却ください。
  5. 2において有償での許可となった場合、出版等の詳細が決定次第下記問い合わせ先に「貴重資料掲載届」(様式5-3)をご提出いただきます。
  6. 2において有償での許可となった場合、当方指定の方法により掲載料をお支払いいただきます。
備考
  • デジタルデータ提供に係る記録媒体の貸出は、ご来館による受け取りか、着払いでの送付(送料は申請者が負担)となります。
  • 提供希望のデジタルデータを所蔵していない場合は、当方指定業者による現物からの委託撮影となります。撮影したデジタルデータの複製を収めた記録媒体を当方にご寄贈いただきます。また、撮影・提供に係る費用はすべて申請者にご負担いただきます。(現物の状態により撮影できない場合があります)
  • 当該出版物において「岡山大学附属図書館所蔵」の旨を明記してください。
  • 増刷を行う場合は、改めて申請が必要となります。

6. 現物の貸付(博物館での展示)

受付

平日9:00~17:00(休館日を除く)

料金

無料

手続
  1. 対象資料の出陳予定の確認のため、事前に下記問い合わせ先にご一報ください。
  2. 4. 現物の閲覧・自己撮影」により現物の状態をご確認ください。
  3. ご来館または郵送により、下記問い合わせ先に「貴重資料現物貸付申請書」(様式6-1)をご提出ください。
  4. 許可となった場合、「貴重資料現物貸付許可書」(様式6-2)を送付します。
  5. 搬出日時を当方担当者とお打合せいただき、対象資料の搬出を行ってください。
  6. 返却日時を当方担当者とお打合せいただき、対象資料の返却を行ってください。
備考
  • 申請者は登録博物館または博物館相当施設(重要文化財については文化財保護法第53条第1項の該当施設)に限ります。
  • 現物の搬送は、ご申請機関にご所属の学芸員または専門業者に行っていただきます。
  • 搬送等に係る費用は、すべて申請者にご負担いただきます。

(参考)岡山大学附属図書館貴重資料利用要項

問い合わせ先

岡山大学附属図書館 学術情報サービス課 調査相談グループ
(住所)〒700-8530 岡山市北区津島中三丁目1-1
(TEL)086-251-7322
(FAX)086-254-6152
(EMAIL)fbg7322◎adm.okayama-u.ac.jp (◎を@に置き換えてください)