貴重資料

ホーム > 貴重資料 > 古医書集成

藩政資料
地方資料
医学系特殊コレクション(鹿田分館)
農学系特殊コレクション(植物研分館)
個人文庫
その他の貴重資料
大型コレクション
貴重資料を活用した教育普及活動
利用について

古医書集成

「古医書集成」とは

古医書集成は、古い医学書を主体とし、理学書、オランダ語医書、その他の和書を含む約4,000点の特殊文庫資料です。医学部が蒐集した古医書の以下の6つのコレクションを整理しています。

  1. 岡山藩医学館、これを引き継いだ岡山県病院、岡山県公立病院、岡山県医学校において購入し、使用された書籍
  2. 倉敷の蘭方医妹尾又玄(せのお ゆうげん, 1829–1896)の旧蔵書
  3. 美濃国の蘭方医田口鳳介(たぐち ほうすけ)の旧蔵書
  4. 都窪郡久米(現、総社市)の蘭方医山田成器(やまだ せいき, 1831–1912)の旧蔵書
  5. 岡山市の医師、赤沢乾一(あかざわ けんいち, 1873–1962)の旧蔵書
  6. 医学部眼科学教室及び小児科学教室に所蔵されていた、それぞれの専門領域の古医書(明治末期及び大正期にその当時の教授によって購入あるいは寄贈されたもの)

妹尾又玄は、備中下道郡箭田村(現、吉備郡吉備町箭田。2005年には合併により倉敷市真備町箭田となっています)の医師是輔の長男として生まれます。大阪の緒方洪庵の適塾に入門して蘭学を学び、また三田藩蘭学医河本幸氏の門人録にも名を列ねています。のち帰郷し父のあとを継ぎますが、1857~1858年頃倉敷で開業し、種痘などで名医とうたわれました。
(参考・引用:「岡山大学所蔵大原農書文庫・古医書集成目録」解題より)

解題・目録

利用方法

ご利用いただけるサービスは下記の通りです。

  • 古医書集成の閲覧
  • 古医書集成の複製物の作成
  • 古医書集成に関する所蔵確認

詳しくは以下をご覧ください。各資料の状態等により、上記のサービスが提供できない場合があります。必ず事前に図書館へご連絡ください。

利用時間

資料は、附属図書館鹿田分館、医学資料室の2か所に分かれて保存されています(いずれも鹿田キャンパス内)。

附属図書館鹿田分館設置資料

平日9:00~17:00
開館予定表を確認し、事前に図書館へご連絡ください。

医学資料室設置資料

事前に図書館へ閲覧希望日時をご連絡ください。
(医学資料室は通常、公開しておりません)

閲覧

閲覧をご希望の方は、TELまたはFAX、電子メールなどの方法で事前に鹿田分館図書係宛にお申し込み下さい。

複製物の作成

複写機を使用したコピーはできません。図書館へ直接お越しいただいた場合、自己撮影(個人でのカメラ撮影)は可能です。
遠隔地にお住まいの方で貴重資料に関する複製物が必要な場合は、業者による複製物作成が可能です(費用は申請者負担)。業者による複製物作成を行う場合、まず図書館へ事前に電話等でお申し込みいただき、下記にある申請書を鹿田分館宛てに郵送していただきます。また、複製物作成途中で作られるマイクロフィルム等は図書館に寄贈していただきます。

貸出

個人の方への貸出は行っておりません。

転載・放映等への使用

資料の写真を出版物、ビデオ、DVD、インターネット、テレビ番組、展示等で使用する際は、事前に承認を得ていただく必要があります。申請・許可には日数を要しますので、1か月程度の余裕をもってご相談ください。事前に電話等でお問い合わせいただき、申請書を鹿田分館宛てにお送りいただきます。申請が承認されましたら、許可書に附属図書館長の承認印を捺して返送しますので大切に保管してください。

展覧会等への出陳

展覧会・展示等で使用する際は、事前に承認を得ていただく必要があります。申請・許可には日数を要しますので、1か月程度の余裕をもってご相談くださいますようお願いいたします。まず図書館へ事前にご連絡いただき、下記の申請書を鹿田分館宛てに郵送してください。

お問い合わせ先

「古医書集成」に関する申請書の事前連絡先、申請書類送付先は以下の通りです。その他、ご不明な点がございましたら、お気軽に係員までお尋ねください。

岡山大学附属図書館 鹿田分館
(住所)〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2丁目5-1
(TEL)086-235-7053
(FAX)086-235-7432
(EMAIL)fcg7053◎adm.okayama-u.ac.jp (◎を@に置き換えてください)