貴重資料

ホーム > 貴重資料 > 教育普及活動概要

藩政資料
地方資料
医学系特殊コレクション(鹿田分館)
農学系特殊コレクション(植物研分館)
個人文庫
その他の貴重資料
大型コレクション
貴重資料を活用した教育普及活動
利用について

貴重資料を活用した教育普及活動

教育普及活動の概要

岡山大学・岡山市デジタルデータ活用事業 ー学校教育用デジタルコンテンツ製作プロジェクトー

国立大学法人岡山大学と岡山市は、文化事業における協力関係を推進することが岡山市民の文化の享受、教育及びまちづくりへの貢献になると考え,文化事業協力協定を締結しました。岡山大学で所有する池田家文庫という文化財を岡山市とも連携してデジタル化し、そのデジタル文化財を学校教育や生涯学習に提供するため、大学・自治体・学校・博物館・図書館が連携してデジタル文化財を利用した教育用コンテンツ作りに取り組むことは画期的な事例と言えます。
 岡山市デジタルミュージアム(現シティミュージアム)と共催で、毎年秋に「池田家文庫絵図展」を開催しております。また、活動当初では小中学校の教材としての絵図利用等を実施してきました。最近では公開講座・こども向けワークショップ等の活動を実施しております。

岡山大学・岡山県デジタルデータ活用事業

国立大学法人岡山大学と岡山県とは、文化事業における協力関係を推進することを通じて、岡山県民の文化の享受及び生涯学習への貢献に資することを目的とし、文化事業協力協定を締結しました。絵図のデジタル化事業や「岡山デジタル大百科」をプラットフォームとしてデジタル絵図や岡山大学の学内研究成果の発信等連携して事業を進めています。