トピックス

ホーム > トピックス > 「気象と音楽 -季節サイクルの中でみるドイツや日本の「春」と「歌」-」(第24回知好楽セミナー)を開催(R1.11.29)

「気象と音楽 -季節サイクルの中でみるドイツや日本の「春」と「歌」-」(第24回知好楽セミナー)を開催(R1.11.29)

 岡山大学附属図書館では、「気象と音楽 -季節サイクルの中でみるドイツや日本の「春」と「歌」-」(第24回知好楽セミナー)を開催いたしました。

○詳細
【開催日】2019年11月29日(金) 14:30~16:00
【講演者】岡山大学教育学研究科・教授 加藤 内蔵進 氏
     岐阜聖徳学園大学教育学部・教授 加藤 晴子 氏
【場 所】岡山大学附属図書館 中央図書館 本館1階 ラーニングコモンズ

 岡山大学教育学研究科 加藤内蔵進教授、岐阜聖徳学園大学教育学部 加藤晴子教授にご講演いただきました。
 今回の講演では、加藤内藏進教授が気象学・気候学の観点から、加藤晴子教授が音楽の観点から、ドイツや日本の「春」と「歌」についてお話いただきました。
 講演後は参加者から活発に質問が出され、関心の高さがうかがえました。

 当日は30名の方にご参加いただき、「春といっても日本とドイツは気候が大きく違い春に対する感じ方や思いが違ってくるのだと思った」、「とてもおもしろかった」といった声をいただきました。

(20.1.7)