ニュース

ホーム > ニュース > 貴重資料データベース「古文献ギャラリー」の公開と「三浦家文書デジタルギャラリー」の移行について

貴重資料データベース「古文献ギャラリー」の公開と「三浦家文書デジタルギャラリー」の移行について

岡山大学附属図書館では新貴重資料データベース「古文献ギャラリー」を2019年3月29日(金)より当館ホームページで正式公開します。

 この「古文献ギャラリー」では、従来インターネット公開していなかった国指定重要文化財「信長記」や、池田家の江戸藩邸に関する資料であり原本である可能性の高い「備藩邸考」、多くの写本中でも異彩を放つ珍本「平家物語」(小野文庫)の全文を公開します。
本データベースはデジタル画像利用の国際規格であるIIIF(International Image Interoperability Framework)を採用し、閲覧はもちろんのこと、ダウンロードや掲載等の二次利用についても、当館への別段の申請なくご利用いただけます。

 これに伴い、従来ご利用いただいていた「三浦家文書デジタルギャラリー」は3月29日(金)以降、「古文献ギャラリー」に移行し、4月26日(金)で閉鎖することとしました。「古文献ギャラリー」には高機能ビューワーが備わっており、閲覧の利便性が現在よりも大幅に向上します。

「古文献ギャラリー」は公益財団法人図書館振興財団の助成により、公開することになりました。

正式公開に先立ち3月20日(木)より、仮運用を開始します。附属図書館トップページのリンクからご利用ください。皆様のご利用をお待ちしております。

【お問合せ先】 岡山大学附属図書館 調査相談グループ
  TEL: 086-251-7322
  EMAIL: fbg7322◎adm.okayama-u.ac.jp
  ※◎を@に置き換えて送信してください。

(19.03.15)