ニュース

ホーム > ニュース > 三浦家文書デジタルギャラリーの公開について

三浦家文書デジタルギャラリーの公開について

岡山大学附属図書館では、公益財団法人図書館振興財団の助成を受け、三浦家文書デジタルギャラリーを公開しました。

  三浦家文書デジタルギャラリー

○図書館振興財団ホームページ

 今回公開したのは、三浦家文書のうち「日録」と呼ばれる史料104点です。その内4点については翻刻も同時に公開しています。

○三浦家文書について
 岡山大学附属図書館所蔵の三浦家文書は、旧勝山藩主三浦家から移管を受けた藩政史料群である。その祖三浦正次は徳川家光の側近として活躍、寛永16年(1639)には下野国壬生城主となり、2万5千石を領した。その後、日向国延岡、三河国刈谷・西尾と転封を重ね、明和2年(1765)三浦明次の代に美作国勝山へ移封。以降、明治4年(1871)の廃藩置県まで十代にわたり藩領を統治した。
 史料点数は417点。本文書の大半は藩政の重要事項を記した「日録」であり、元禄13年(1700)から明治5年(1872)にわたる258冊が残っている。

<お問合せ先>
岡山大学附属図書館中央図書館利用者支援グループ
TEL:086-251-7322
E-mail:fbg7322◎adm.okayama-u.ac.jp
 (◎は@へ置き換えください)